×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  最初のページへ        パソコンはそもそも家電ではない        理不尽なトラブル 原因はビル・ゲイツも知りません

なぜ年に4回も新製品が出るのか

答え 機能が不完全だから
パソコンそのものの進化速度が尋常ではないのです。
犬の年齢のサイクルドッグ・イヤーぐらいに新しい機能や製品が出ています。

パソコンはそもそも家電ではないで触れましたが、
個々の企業が独自の戦略と設計をこめて作った部品の結合体=パソコンです 。
人間が作り出したものに完全なものは今まであったでしょうか? 私は聞いたことがありません。
ありとあらゆるパソコンの『部品』は不完全です。
でも、不完全ながらも、進化し続け、メーカーもたゆまぬ努力をしています。

何故、ここまで『パソコンは何でもできる魔法の箱』と幻想がはびこったのか……?
恐らくは販売の戦略イメージであると思います。
製品に対する深い知識を持たずとも、商才があれば繁盛できます。メーカーの設計と販売の摩擦もありますけど、ね。
理解に時間を要するパソコンも、販売店のショウ・ビジネスに飲まれ、結果、幻想が固定化したと推察できます。


今すぐ幻想は捨ててください。お願いだから。一文の得にもなりません。

思春期の頃の幻想のごとく、破れ、立ち消えなければいけないものです。

  最初のページへ        パソコンはそもそも家電ではない        理不尽なトラブル 原因はビル・ゲイツも知りません