×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最初のページへ        パソコンはそもそも家電ではない        なぜ年4回も新製品が出るのか        どこでトラブル? これさえ掴めば8割OK

理不尽なトラブル 原因はビル・ゲイツも知りません

パソコンはそもそも家電ではないは目を通していただけましたか?
個々の企業が独自の戦略と設計をこめて作った部品の結合体=パソコンのため、
設計者自身も予想だにしていなかったエラーが出ることも珍しくないのです。

我々ユーザーが、パソコンに過剰な期待を抱くだけ無駄なのです。
パソコンはこんなもの、と現実を見据えた上で、ほどほどに付き合って行くのが一番なのです。
見たままの表層面でしか判断が出来ないから、理不尽だと感じていると思います。

ソフトウェア開発をするプログラマーやシステムエンジニアに知り合いがいたら、聞いてみてください。
パソコンがどれだけ裏側でエラーを頻発させ、それでも見た目には異常が無いように取り繕っているかを。

だからといって企業がより安定した機能の追及、ユーザーからのクレーム、リコールを根絶する為の努力を放棄していいわけではありません。
身体を動かさなくとも自分を表現できる道具であり、また他人と一緒に楽しむことができる機械、それがパソコンです。
ユーザーが口を揃えて斬新な機能は要らないから、質実剛健を追及した安定性が高いパソコンを求めるなら、もう少し事情が違うかもですね。
若葉マークの人が新車を乗り回すのに抵抗を感じるなら、パソコンも似たようなものです。

質実剛健なパソコン、じつは既に商品化されてます。が。
デザインが本っっっっ当に!! 悪い
のです。是非とも設計に頑張って欲しいものです。
量販店のパソコンパーツのコーナーにありますが、10年前のパソオタですらちょっと「うっ」とくるようなデザインばかりです。
黒一色、微妙なグレイ、微妙なベージュと、色も最悪だし……何故なんでしょうかねえ。
パソオタにデザインセンスを求めてはいけないってことかも。

最初のページへ        パソコンはそもそも家電ではない        なぜ年4回も新製品が出るのか